徳正宗大吟醸は、平成28年全国新酒鑑評会とInternational SAKE Challenge 2016 大吟醸・吟醸部門、また LONDON SAKE CHALLENGE2016 第87回関東信越国税局酒類鑑評会吟醸酒の部に於いて金賞を受賞いたしました。

160余年の歴史

境町は、利根川を挟んで千葉県の関宿町(現在・野田市)と対面しており、利根川流域の恵まれた水利を生かして室町時代から交通の要所として栄えました。当社が酒造りを始めたのは、安政2年(1855年)初代藤右衛門から現在で6代目となります。清酒「徳正宗(とくまさむね)」は、「興至れば酒を酌み、興さめればそれを補う、人生の哀歓とともに、酒ありてそれを酒徳という」から命名したと伝え聞いております。



酒造りへのこだわり

近年は日本酒離れが進み、菓子や化粧品といった酒以外の方向を模索する酒蔵も多くなって参りました。その中でも萩原酒造は昔ながらの酒蔵を守り、品質の良い美味しい日本酒を届けたいと願っております。時代が変わり、酒の飲み方にも変化が訪れていますが、伝統を守りつつもお客様から新しいと言っていただけるよう、挑戦する心を忘れない熱い酒蔵でありたいと思います。
 




『使用米について』
弊社は、原料であるお米につきまして、100%国産米 を使用しております。
どうぞ安心してお召し上がり下さい。


『店頭販売について』
蔵元事務所にて一般のお客様にも商品を販売しております。
お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄り下さいませ。
         蔵元住所
〒 306‐0433  茨城県猿島郡境町565‐1  
TEL: 0280(87)0746 FAX:0280(87)0893

『冬期定休日』(12月〜3月)第2・第3土曜・日曜・祝日
『夏期定休日』(4月〜11月)土曜・日曜・祝日
『営業時間』午前9時より午後4時30分(12:00-13:00は休憩時間)

About the owner

萩原

暑さが身に応える日が続いております。皆様にはお身体を大切にお元気でお過ごしください。

代表取締役社長 萩原康成
代表取締役専務 萩原康久

Twitter、facebookやっております。遊びにいらして頂ければ嬉しいです。

Top